log

2013.08.24 C84お疲れ様でした他

だいぶ間が開いてしまいましたが、c84お疲れ様でした!
当日は諸々の事情により、イベント終了時刻よりだいぶはやく撤収してしまい、
申し訳ありませんでした。
体調が悪くなって…とかではないので、安心してください。
でも、当日やばかったですね!ちょっと死ぬかと思いました!
な、夏はしばらくいいかな……

当日はいろんな方に声を掛けていただくことが出来て、とても嬉しかったです!
イラストを担当させていただいた本を実際に持ってきてくださった方もいて、心のなかで土下座していました(感謝の)
あの暑い中、本当にありがとうございました!これからまたしばらく頑張れそうです。


新刊の委託なのですが、COMIC ZINさんで始まっています。
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=17458

今なぜか購入不可になってしまっているのですが、
売り切れている事はないはずなので、ちょっと問い合わせてみます。
店頭に行けばあるのかな?

他にもお願いしようかと思っていたのですが、
ZINさんに本を送ったら在庫がほぼ尽きてしまったので、
今のところ他店での委託はない予定です。

二刷はどうしようか考え中です。


話は変わって、エヴァ展に行ってきました!
ファイル 52-1.jpg
ザギン!ザギン!(銀座)
げ、原画の力ぱねえ~~~!
アニメーターさんは本当にすごいですね…。
手の届かないところにいる人々です。

ちょっと夏休みっぽくなっていたのですが、今日から仕事頑張ります!

01:25 | お知らせ

2013.08.09 C84

毎度ぎりぎりでごめんなさい!
明日から行われるコミックマーケット84の告知です。

今回は
2日目 11日 東 リ-19b 電線
で参加です。
新刊あるよ~!

ファイル 51-1.jpg

ファイル 51-2.jpg

「神はサイコロしか振らない」B5 / フルカラー20p / 400円

です!

イラストと漫画が半々くらいの本です。
仰々しいタイトルですが、中はそんなことはないです。
サイコロを振って、ランダムでキャラクターのパラメーターや容姿や名前種族などを決めて、
そこから想像したキャラクターを絵に起こす、というのをひたすらやっている本です。

委託は多分すると思うのですが、まだどうなるかわかりません。

当日はスケブどうなるかわからないので、聞いてみてくださいね!
終了後廃棄してしまう、スペース展示用のポスターも、欲しい方いたら声かけてください~。
サークル名とスペース入ってるのであれですが…。


ではでは、皆さんも熱中症に気をつけて楽しいコミケを!

15:16 | お知らせ

2013.08.07 リバース;エンド 恋する次元連死

ファイル 50-1.jpg


今年に入ってから携わらせていただいた仕事を振り返るラストです。
角川スニーカー文庫 東 亮太先生著 「リバース;エンド 恋する次元連死」のイラストを担当させていただきました!
まさかスニーカー文庫でお仕事をさせて頂ける日が来るとは思っていなかったので、
ガクガクしながら頑張らせていただきました…
紗耶香かわいい!私もこんなお隣さんがほしい!
とてもかっこいいストーリーなので、いつもの自分にはないようなものを
常に意識して描いていました。

今回、デザインは、幼馴染(…?)の最近注目のおしゃれデザイナーtatsくん(tatsdesign)が担当してくれました。
忙しい中、かなり試行錯誤しながら頑張ってくれたようで、
本当にお疲れ様でした…!

どうぞ宜しくお願い致します!

紹介ページ
http://www.sneakerbunko.jp/series/reverseend/

17:22 | お知らせ

2013.07.19 2weeks 過ぎゆく時は儚い夢の中で

ファイル 49-1.jpg

野中美里さん著「2weeks 過ぎゆく時は儚い夢の中で」が
星海社FICTIONSから今月発売となりました。めでたい!

1巻は部屋で、2巻は窓の近くの自然光の下で書影を撮ったので、
今回はカバーのテーマ的にも朝日の中がいいなと思い、朝4時くらいに屋上で撮影して来ました。
もっと逆光ばりばりなものもあったのですが(これ)
書影を見てもらうという観点から言うとどうなのか…と思ったのでやめました。


3巻はなにをどう書いたらいいのか…色々と思っていることがありすぎて言葉に詰まります。
この巻は、1巻、2巻からまた一歩進んで、
新しいところへ向かうような巻なのではないかと思います。

今回は、原稿を頂いて最初に読んだ時、1巻2巻と少し違って、
すごくひらけているな、と感じました。
今回作中で扱われているテーマであったり、新しいキャラクター達の存在であったり、
そう感じた理由は多分色々です。

野中さんの持つ世界と文章は独特で、作品の温度が低く、
私はそこにとても魅力を感じています。とても好きです。
今までイラストでは、この作品に似合わないだろうと思い、
キャラクター以外の、生命や温度を感じさせるものは描かないようにしていました。

個人的に、植物はそこにあるだけで、すごく生命力や意味を感じるもののひとつなので、
理由なく絵の画面に入れることは普段しません。
でも3巻は自然と、緑を描こう。と思いました。多分描いても大丈夫だし、似合うだろうと思いました。

この一歩踏み出して、新しい何処かへ向かっている感じを、
ぜひ本を手にとって読んで、味わってみてほしいなと思います。
そしてそれをイラストでも描けていたらいいなと思っています。
というか、すごく面白いし、デザインもすごく素敵ないい本なので買ってね!

どうでもいいですが、色々思い余って、最後の見開きの挿絵は泣きながら仕上げていました。
痛々しい…
でもそんなイラストも見れるので、どうぞよろしくお願いします!
キャラクターもほぼ全員書けたのではと思います。ヤッタネ!
頑張りました。

amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/4061388665


イラストが、少しでもこの作品にとってプラスになっていることを願っています。
ありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします!

07:02 | お知らせ

2013.07.19 ウタカイ

今年に入ってから携わらせていただいたお仕事を振り返るその2です。

ファイル 48-1.jpg
一迅社百合姫ノベル 森田季節先生 の「ウタカイ」の装画を担当させていただきました。
一読者として、ずっと作品を拝見していた森田先生と、
本や全体のデザインがいつも素晴らしく、
ずっといいなあと思っていた百合姫編集部で仕事をさせていただくことが出来て、
本当に光栄でした!
木緒なちさん(コメワークス)がデザインを担当してくださったのですが、
金箔を押したような美しい装丁で、見本を頂いた時ものすごく感動したのを覚えています。
これは写真とかでは伝わらないキラキラっぷりなので、ぜひ書店へ足を運んでみて欲しいです!!

イラストは、配している花や、二人の手の仕草など、細部まで気を抜かないよう気をつけました。
少しでも、それらが持つ意味に気がついてもらえたら嬉しいなと思っています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4758072272

07:01 | お知らせ